2017年10月08日

【グラブル】ランク200解放クエスト『星の誘い』攻略!

ランクキャップ今更ですが解放しました。

いやあ長い戦いでしたね…。

175.png

今回は今までと違い、全属性での戦いとかではありません。

回想中心。

有利属性だけの話をするなら、水と風は出番がありません。

そんなランク175になると挑めるランク200解放クエスト、星の誘いについて攻略してきました。

ちなみに、『星の誘い』は、帝都アガスティアの第59章にあります。




スポンサーリンク

1戦目:リヴァイアサン・マリス

リヴァマリ.png

1戦目はリヴァマリ。

初戦にして最難関と言っていいレベルで強い。とにかく強い。



ディスペルがないとかなり時間がかかります。

弱体耐性アップは一応10分待てば解除されるんですが、50%で再び貼ってくるのでこれだけで20分。

そんなことするくらいならディスペルしたほうがマシです。

戦闘開始直後、いきなり特殊行動をしてきます。


戦闘開始時、HP50%:スケールショット

スケールショット.png

味方全体に3000程度のダメージを与え、リヴァマリに弱体耐性アップ、幻影を付与してきます。

先ほど言ったように、10分経てば消えますが、50%でもやってくるのでディスペルを持ちましょう。

ただ、最初にディスペルしちゃうと消えるのが幻影なので、先に全体攻撃や召喚石を使わないと大変なことになります。



HP75%:バミュダルア・レイ

バミュダルア・レイ.png

初見だとまずここでPTが壊滅します。

単体3〜4000程度のランダム連撃をしてきます。

さらには防御ダウンも付与してくるので非常に厄介。

サラなどで防御するか、カット手段必須。

ないとここで壊滅し、50%付近でタイダルフォールを食らってお陀仏です。


HP25%:漬崩のタイダルフォール


漬崩のタイダルフォール.png

25%になると、タイダルフォールをしてきます。

ジークのカットで単体10000ダメージほどだったので、オーバードライブ技のタイダルフォールよりは威力が控えめかも。

とはいえ大ダメージには変わりないので注意。



2戦目:ミスラ・マリス

ミスラ・マリス.png

次はミスラマリス。

守護結界をどう処理するかがポイントになります。

1ターンで処理ができればかなり楽になるので、いきなりシヴァを使って葬り去ってしまいましょう。



守護結界1ターン目:ミラー

ミラー.png

守護結界が1ターン目に生き残ってしまうと、ミラーをしてきます。

このミラーは、シュヴァマグのマージと同じ効果を本体、結界に付与。

まあ、次のターンでリセットをしてくるので、マージは勝手に剥がれはするんですが…。




ディストーションフィールド


ディストーションフィールド.png

ディストーションフィールドは、ダメージがない技。

しかし、敵全体に強化効果をランダムで1個、味方全体に何らかのデバフ・状態異常を1個付与してきます。

このディストーションフィールドのデバフが、デフラグのダメージソースになるので注意が必要です。


HP25%減少毎?:デフラグ


デフラグ.png

発動トリガーがイマイチ不明ですが、特殊行動でデフラグを打ってきます。

そしてこのデフラグ、注意しないといけないのが、味方に付与されているデバフの数だけ威力が大きくなるというもの。

簡単に言えば、敵がキルストリークを使ってくるような認識でいいかと。

ディストーションフィールドのデバフを放置している、かつミスラ・マリスに攻デバフがないと数万というダメージもありえます。

ただし、ありがたいことに、デフラグで味方の弱体効果も消してくれるので、何度も大ダメージと言うわけではない部分が救い。

とはいえ、ゴリ押ししきるかクリアをして被ダメージを減らすかしないとここでも苦戦してしまいますね。


HP25%(1回目):リターン


リターン.png

1回目の25%を過ぎると、リターンをしてきます。

リターンはミスラ同様、本体のHP全回復。

これでまたデフラグ地獄となるので注意が必要。




3戦目:リアクター

リアクター.png

ストーリー時代、こいつで私はコンティニューしたのを覚えてます。

アーカーシャは余裕だったのに、リアクターには勝てなかった。

しかし水ゾを手に入れた今では、この6戦の中で最もぬるいボスとも言えるでしょう。

水ゾありの人なら、コンジャクション→殴る→殴るでフィニッシュ。

強い要素はなにもありません。


HP50%以降、10%おき:遊撃装置


遊撃装置.png

ランダム光属性ダメージを与えてきます。

HP50%で発動。

その後、センサーというマウント貫通デバフを付与してきます。

これがトリガーとなって、センサーのついているキャラがいると、次のターンに撲滅装置という特殊行動をしてきます。

撲滅装置自体は、遊撃装置と似たようなダメージ技ですが、奥義ゲージ20%ダウンも付与してくるため厄介。

できれば、クリアして連続で攻撃を食らわないようにしたいですね。



4戦目:フリーシア

フリーシア.png

4戦目の相手はフーちゃん。

行動がよくわからないですね。

タッチダウンのトリガーが何%なのか不明なまま。

しかし、どうやら魔晶糸のほうが優先される?のだと思います。

とにかくデバフが多い。

あとタッチダウンも8000ダメージくらい食らってたので、シュバ剣染めしてないと結構きついかも。

私は強引に突破しました。

さすがシュバ剣だぜ!


HP25%減少おき?:魔晶糸・縛滅


魔晶糸・縛滅.png

おそらくHP25%おきに発動。

ダメージ+毒、呪い、虚脱を付与してきます。


トリガー不明:タッチダウン


タッチダウン.png

50%以降、魔晶糸の後に必ずこのタッチダウンが飛んできました。

そのため、どういったトリガーになっているのかが一切不明。

調べてみると、3回ほどタッチダウンを食らったという話が多いですね。

私の場合は50以降に2回食らったので、もしかしたら50以降のどこかで小刻みにトリガーがあるのかも。

基本的に、ここまでのランクになるなら火力のある人だと思うので、25%おきの魔晶糸の次にこれが飛んでくるっていう認識でいいんじゃないですかね。

タッチダウン自体は、全体8000前後のダメージを与えてくる強烈な技。

また、アビ封印、DATAダウンを付与してくるのも厄介です。


ちなみにフリーシアは麻痺無効。

シュバ剣染めができていなければ、カット手段を用意しないと最後の方で壊滅します。

サブにソフィア等を入れるか、スタメンにフュンフを起用し、主人公あたりに自動蘇生を付与しておきましょう。



5戦目:アーカーシャ

アーカーシャ2.png

アーカーシャ。

ヴィーラによるマウント、そしてクリアオールを持ち込むといいでしょう。

マウント、クリアが各1ずつあれば、そうそう苦戦はしません。

ストーリーと同じく、こいつも形態変化します。

デバフ耐性が結構高いので注意!

行動は、基本的にはストーリーラスボスとして登場したアーカーシャと全く変わらない…はず。

HP66%で第2形態、HP33%で第3形態となります。

メギドによる制約→履行→リバース→アルマゲストの行動パターンも相変わらず。

もうストーリークリアが昔の場合、忘れてしまっている人も多いと思いますが、第3形態が要注意!


HP30%:属性振幅


属性振幅.png

ランダムな属性で全体1500程度のダメージを与え、アーカーシャの弱体効果が全て消去

このあたりは火力で飛ばしてしまうと、エンシェントフレアが飛んでくるので気をつけましょう。

HP25%:エンシェントフレア


エンシェントフレア.png

ストーリー初見の時、誰もが挫折しかけたであろうエンシェントフレア。

忘れてしまった人も多いのではないでしょうか。

25%のトリガーで、火属性12000程度の全体ダメージ+味方とアーカーシャ自身に灼熱を与えてくる特殊行動。

火鞄でカットするか、ここでコンジャクションを合わせるようにしましょう。

ただし、コンジャクションを合わせる場合は、クリアオールが必ず打てる状況にしておくこと。

そうしないと、火力で削り過ぎて崩天を食らい、灼熱でお陀仏です。



HP10%:崩天


崩天.png

HP10%で打ってくる技。

味方全体のHPを強制的に1にします。

灼熱が残っていると、灼熱ダメージでお陀仏ってやつですね。

しかし、逆に言えば、灼熱をクリアしてしまえば、わざわざHP1にしてくれて、背水全開にしてくれるありがたい技とも言えます。

闇背水なら、この崩天の次のターンでアーカーシャは倒せるでしょう。

エンシェントフレア後のクリアだけを忘れなければ、ここはボーナスです。



6戦目:黒騎士

黒騎士2.png

最後は黒騎士。

初手でやってくるブラックウォールが厄介。

ディスペルを持参しましょう。

第2形態、第3形態と厄介になりますが、実はHP51%までなら麻痺が有効。

ソーンの奥義を打ち込み、4アビで延長してしまえば、永遠に麻痺したまま案山子殴り状態で終わるということも普通にあるのでかなり楽。

めんどくさい場合、麻痺でゴリ押しして倒してしまいましょう。


開始時:ブラックウォール


ブラックウォール.png

初手で発動する特殊行動。

黒騎士に弱体耐性アップ(3分)、被ダメ80%カット(ダメージ数回で消滅)、幻影が付与されます。

理想としては、全体攻撃アビもしくは召喚石で幻影をはがし、3分待機して弱体耐性を消し、ディスペルを打つことですね。

ただ、光編成はHPが豊富なので最初は何もせずゴリ押し、ダメカが消えたらディスペルでもOK。

ちなみに、黒騎士はモードチェンジします。

66%で第2形態、この時は通常攻撃はしてきません。

30%で第3形態になります。


HP60%、HP40%:ドレイン


ドレイン.png

黒騎士の2アビ。

これは単体ダメージ+HP吸収、攻撃ダウンを付与してきます。

まあ問題なく進めるでしょう。

HP25%〜10%付近?:衝撃波


衝撃は.png

HP25%になると、衝撃波を使ってきます。

この攻撃のかなり厄介なところは、全体にそれなりのダメージを与えるだけでなく、麻痺と暗闇を付与してくるところ。

その後もう1度衝撃波を食らったので、15%付近でトリガーがあるのか、とにかくもう1回、10%いくまでにトリガーが隠されてる野田と思います。

食らうとほとんど行動不能になってしまうので鬱陶しいです。

が、HPモリモリならただ黒騎士が1〜2ターン長生きするだけの話なので問題なく突破できるでしょう。

50手前で麻痺させて終わらせるのが一番。


アーカーシャと黒騎士は非常にタフなのでめんどくさかったです。

特にアーカーシャは、ストーリーの時の戦い方を忘れてると、エンシェントフレアで壊滅して汁を使うかやり直すかを迫られます。

まあ、今言った通りなんですが、

めんどくさかったら汁コンしてしまえばいい

ので、実は何だろうとゴリ押しが可能。

本汁なんて古戦場か麒麟黄龍くらいしか使い道ないので、ここで使っちゃってもいいかもしれませんね。




スポンサーリンク

posted by Hikage at 18:48 | Comment(0) | バトル攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...